商品先物よりFXの方が優れている点

FXは、いわゆる先物の1つになります。現にFX業者の公式サイトを見てみますと、たいてい先物と明記されているのです。先物と言っても、「商品」とは異なります。金や小麦などで取引する訳ではありませんから、スワップ金利も受け取ることができます。

スワップポイントで稼ぐ事もできるFX

FXの取引を検討している方は、しばしば高金利通貨に注目しています。トルコリラや南アフリカランドによる取引を検討している方は、とても多いです。実際それらの外貨で長期運用していれば、ポイントの累計額もかなり大きくなります。
ただスワップ目的で取引するなら、外貨も慎重に選ぶ必要はあります。ユーロなどはスワップ金利はあまり高くありませんので、注意が必要です。
ちなみにスワップ金利を受け取りたいなら、外貨預金という選択肢もあります。主に銀行が提供している金融商品ですが、日本円の普通預金口座よりは高金利になります。ただ銀行の場合は手数料が高めなので、FXの方がおすすめという声も根強いです。

商品先物にはスワップポイントは無い

ところで冒頭で触れた小麦や金などの商品先物の場合、金利を受け取る事はできません。そもそも商品先物の場合は、基本的には短期取引になるのです。
先物業者の公式サイトを確認してみると、たいてい限月に関して明記されています。建玉を作ってから日数がしばらく経過すると、半強制的に決済されてしまうのです。
その都合上、商品先物にはスワップポイントはありません。その点FXなら、スワップポイントで長期運用する事もできます。長期運用を検討しているなら、商品先物よりもFXの方がおすすめです。

24時間取引可能なFX

ところでFXという商品の場合は、取引できる時間帯は幅広いです。FX業者のサイトを見てみますと、たまに「24時間いつでも」と明記されている事があります。たとえ深夜の時間帯でも、FXで取引できるのです。
厳密には、24時間ではありません。早朝の時間帯になると、FX業者はメンテナンスを行います。いわゆるロールオーバーの時間帯だけは、取引できないのです。と言っても30分ぐらいですし、実質的には24時間取引できます。
ところが商品先物の場合は、取引できる時間帯は若干限られます。深夜の時間帯ですと、商品先物で取引することはできません。実質24時間取引できる以上、FXの方が便利です。
このようにFXは、商品先物よりも優れている点が複数あります。その利便性に注目して、先物でなくFXを選んでいる方も多いです。

投稿日:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です