仮想通貨の実用性について

仮想通貨の実用性についてですが、仮想通貨は現在実用性としては主に、投資により価値を高め、仮想の通貨を現実の通貨に変換することで自分の国の貨幣として使用することができます。それと同時に仮想通貨のデータ自体を貨幣として端末を通し自分の国において品物を飼う通貨としても使用できますが、現在は日本においては部分的です。
現在仮想通貨は投資の部分ではなく通貨として流通する安全な銀行となるという主体で動いている企業があります。フェイスブックで知られる会社が仮想通貨のリブラを発表したことがまさにそれです。
このリブラは当初、フェイスブックのIDを持っているだけで仮想通貨であるリブラにアクセスすることが可能であるとされていて、貧困世帯に簡単にネット上において銀行口座を持てるという仕組みを作ろうとしています。過去も現在においてもなのですが、仮想通貨は実用性という面においては先進国においても実用性はそれほど高くはなく、投資をして自分の資産を増やす分には仮想通貨は良いのですが他のことに使用できるというものは少ないです。
その為、現在仮想通貨は、新規の参入者を増やすために、投資以外の機能を付けて仮想通貨を販売しています。例を挙げますと一時期、マイニングという方法で仮想通貨を入手することが話題になりました。
このマイニングも仮想通貨の取引を第3者に変わり記録する作業を端末を使用して行うことで利益を得るという方法でしたがこの方法、日本では電気代という問題があり、利益にならないと判断され廃れてしまった点と、もう一つ問題があり性能が良い端末にマイニング作業が集中するため、当初の利益を分配できるマイニングの仕組みという根底が覆されました。
ですので、現在、仮想通貨は、新たに機能を導入する場合、皆に利益が分配されるようになるか、ただの資金を預かるだけのネット銀行のような機能を有しているだけの仮想通貨が良いのかという問題に直面しています。
仮想通貨の利点としては送金の速さがありまして、この送金の速さを利用してビジネスとして利用できないかという動きもあります。
各々の国の貨幣価値が違うものを瞬時に仮想通貨の単位に起き変えて商品を購入したり、サービスを利用したりと何か買い物やサービスを利用する際の貨幣の交換場のような仕組みを仮想通貨に持たせようという動きもあることから今後仮想通貨の実用性については、通信販売にて現地の貨幣を瞬時に仮想通貨の貨幣に置き換え商品を購入できるようになる可能性もあります。