ネットの発達で新しい投資スタイルが誕生しているメリット

投資の種類には、前から存在するものと歴史の浅いものがあります。 株式投資、債券投資、FX、不動産投資などは、以前から活発に行われている投資方法です。 一方、ソーシャルレンディング、仮想通貨投資などは、新しい投資の種類です。 株式市場や為替市場で行われる投資に関しては、市場参加者の規模が大きく、過去の膨大なデータが存在します。 これと比較して、仮想通貨のような新しい市場では、従来の市場に比べて参加者の数は限定的です。 市場規模が小さいため、一部の大口参加者の動向によって、急激な値動きが発生する傾向があります。 もちろん株式市場や為替市場でも、大きな政治情勢や経済ニュースなどで、価格の急激な変化は起こります。 しかし仮想通貨の場合は、これといったファンダメンタルズの要素がない時でも、突発的な値動きが発生しやすい市場です。 逆に、仮想通貨にとってマイナスのニュースがあっても、トレンドが変わらずそのまま継続することもあります。 仮想通貨のような新しい市場で投資を行う場合は、大きな価格変動に注意し、特に慎重な運用が必要です。 新しい投資の種類でも、ソーシャルレンディングのように比較的安全性が高い投資方法もあります。 ソーシャルレンディングは、お金を借りたい人と貸したい人をマッチングするサービスです。 投資家は、企業などに一定期間の中でお金を貸すことで、配当を得ることができます。 利回りが良好な案件が多く、さらに一定の安全性があるため、投資ビジネスの考える人の中でも人気になっています。 今まで多額の資金が必要であった不動産投資に関しても、ソーシャルレンディングを利用すれば、少ない金額で投資が可能です。 企業にお金を貸すことで、投資家は間接的に不動産投資に参加できます。 不動産投資に関しては、REIT(リート)のような不動産投資信託も存在します。 こちらも少ない金額で不動産投資が可能なメリットがあります。 様々な新しい投資方法や投資の種類が登場しているのは、インターネットの発達が要因になっています。 ソーシャルレンディングも、インターネットのメリットを活用して、リアルでは結びつきにくい者同士を結びつけ、多額の資金を集めることに成功しています。 また、ロボアドバイザーと呼ばれるAI技術を使った自動の投資方法も人気です。 これにより、投資知識の不足している人でも、レベルの高い投資が可能になっています。 少額での投資が可能になったのは、インターネット技術の進歩によるところが大きいです。 過去は特別感のあった投資が、現在では幅広い人が参加できる一般的なものに変化しています。

投稿日:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です